サプリメントの効果。クエン酸や水素について

ニューエントリー

カテゴリ

新着情報

2014/03/18
概要を更新しました
2014/03/18
歴史を更新しました

栄養欠乏症

gaiyou

栄養素は体の活動をするために必要なものです。そして、栄養がなにか足りなくなると、栄養不足となって人の体に悪影響を及ぼします。

例えば、カルシウム不足だった場合、いらいらすることが多くなったり、カルシウム不足による骨密度が下がり、骨粗しょう症になります。骨粗しょう症になった場合、骨がもろくなり骨折のリスクが上がります。カルシウム不足になる原因として、カルシウム摂取量以上にカルシウムを消費する事が挙げられます。
カルシウム現象の例として激しい運動をして汗をかくと、その汗の中にカルシウムが含まれており、体内のカルシウムが減少していきます。
ビタミンCが不足している場合は、壊血病を引き起こします。壊血病の症状としては病気の感染の抵抗力の現象、歯肉の出血や歯の脱落、傷の治りが遅くなるなど様々な症状をもたらします。
このように、栄養素が欠乏すると様々な症状が発生します。

このような症状が起きる原因として、変色やダイエットが挙げられます。食の方よりによって過剰摂取される栄養と全く足りない栄養が発生します。また、ダイエットの際に脂質を全く取らない生活をしていくと栄養失調を起こします。

過剰摂取

栄養失調とは別に、栄養を過剰摂取することで症状が発生する場合があります。これは、必要以上の栄養を摂取することで起きる症状です。

例えばカロリーです。カロリーは人間が活動するためには必要な栄養素ですが、過剰に摂取するとそれは脂肪になり、摂取し続けていくことで肥満になります。
ビタミンは水溶性ビタミンの場合は過剰摂取しても必要分以外は体外へ排出されますが、脂溶性ビタミンは体内に吸収されるので悪影響を及ぼします。例えば樹痛や食欲不振、吐き気をもよおしたり、中には不妊症になる場合もあります。これは摂取する脂溶性ビタミンにより症状が変わります。

これら過剰摂取が起きる原因として、食べ過ぎの他にもサプリメントの使用が挙げられます。必要以上にサプリメントなどで摂取することにより過剰症になることもあります。

アメリカの研究

sapuriment

サプリメントが普及したのは70年台のアメリカの栄養事情が発端です。当時のアメリカは医療費がかさみ、国の財政に大打撃を与えていました。なのでアメリカでは対策チームを作り、原因の救命と解決法を研究しました。
研究した結果、食生活の偏りによる栄養失調が問題だという結果が出ました。それ以降アメリカではサプリメントに関心を持ち、開発され、普及しました。
しかし2013年12月にサプリメントの一部の栄養素は摂取しても効果が無いという研究結果が発表され、食品からの栄養摂取や運動をするようにしたほうが良いという結論が発表されました。


remark!

サプリメントで栄養不足をさけよう!|日本サプリメント評議会